牛乳はタンパク質の宝庫。

森永牛乳 (成分無調整) ピクニック ロングライフ牛乳 200mlX24本入

牛乳には炭水化物とタンパク質とカルシウムとビタミンと鉄などの成分がたくさん含まれています。この事実を知ってしまうと、健康のために毎日牛乳を飲むようになります。それでも、牛乳嫌いな人は牛乳を飲もうとしないんですけどね。

自分の場合は、まずいプロテインを美味しく飲むために、プロテインに牛乳を混ぜています。そのため、プロテインを飲む日においては、牛乳を毎日飲んでいるといっても過言ではない。まあ、プロテインと一種に牛乳を飲んでいると、牛乳の味に慣れてきて牛乳に対する苦手意識もなくなってきますからね。

しかも、牛乳は筋肉を増やすことを促進させるタンパク質と炭水化物ががっつりと含まれているので、いち早く筋肉をつけたい人にこそ飲んでもらいたい飲み物。牛乳はタンパク質と炭水化物摂取メインの飲み物か?と思いがちですが、カルシウムも豊富に含まれているので、身長アップや骨の強化にも最適です。今回は牛乳はタンパク質の宝庫なのだということについて書いていきたいと思います。

牛乳は炭水化物がかなり多く含まれているので、飲み過ぎると太ります。

牛乳は100グラムあたり、炭水化物が4.8グラムも含まれており、カロリーも66もあるので、飲み過ぎるとカロリー過多になってしまい、摂取したタンパク質が脂肪になってしまうことも。このような事実が存在するので、太りたくないという思いを持っている人は牛乳をの無料を抑える必要があります。

上記の話は筋肉トレーニングをしていない人の話で、筋トレをして、短期間で体をでかくしたいと言う人は、体に脂肪がつくことを恐れず、どんどん牛乳を飲んでいきましょう。牛乳を飲んで、体に脂肪がつけばつくほど、体に筋肉がつきやすくなるので、筋肉をつけることが目的ならば、体に脂肪がつくことによるマイナスな要素は一つもありません。

牛乳からタンパク質をガツンと摂取しましょう。

牛乳は100グラム当たり、タンパク質が3.3グラム含まれているので、20グラム以上のタンパク質を牛乳から摂取しようと思ったら、牛乳を700グラムも摂取しなければいけません。ニホンでば、牛乳を一日700グラムも飲める牛乳好きはなかなかいないので、タンパク質摂取は牛乳ではなく、プロテインで行う人が多いのはいうまでもないでしょう。

自分の場合は、プロテインをのむことでタンパク質70グラム+牛乳を500グラム飲むことでタンパク質16グラム=タンパク質86グラムを摂取しています。これほどまでのタンパク質を摂取して、それなりのトレーニングをつめば、自分の意思とは関係なく、体がでかくなり、体に筋肉をつけることが容易になります。

牛乳を飲む習慣をつけよう。

社会人になると、学生時代のときのように、強制的に牛乳を飲むことがなくなるので、牛乳を日常生活で飲むことがほとんどなくなります。当然、日常生活で牛乳を飲まなくなると、カルシウムやビタミンやタンパク質不足になり、体の筋肉は衰え、骨も弱く、風邪もひきやすくなっしまいます。そんな恐ろしい事態を未然に防ぐためにも、普段から牛乳を飲む習慣をつけることは大事です。

牛乳を飲む習慣がついてしまうと、牛乳を飲まないと気がすまなくなってきます。このようなメンタリティーになれば、誰かに牛乳を飲めといわれるまでもなく、勝手に牛乳を飲むようになっています。しかも、牛乳を飲むようになると、トイレに行く回数が増えて、便秘も解消されるので、便秘で苦しむことがほとんどなくなるのです。

牛乳を飲むことでメリットもあれば、デメリットもあることを忘れてはいけない。

牛乳は万能飲料だと思いがちですが、牛乳を飲むことで栄養過多になってしまい、体に悪影響がでてしまうこともあるので、牛乳を飲むことにもデメリットが少なからずあることを覚えておきましょう。
スポンサーリンク



最後に

牛乳はタンパク質が豊富で最高。