プロテインは運動前に取るべき。

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g

プロテインを飲もうと思っても、飲むのが面倒くさくなってしまい、プロテインを飲むことを辞めてしまうという人が結構多いのではないでしょうか?自分もトレーニング初心者の内はプロテインを飲む習慣がなくて、プロテインを飲まない日が結構ありましたが、トレーニングに関する知識が増えて、運動前にプロテインを飲むようにしてからはプロテインを飲まない日にちがほとんど無くなりました。今回はプロテインを運動前に取るべき理由について書いていきたいと思います。

プロテイン摂取をすることよりも運動する習慣をつけよう。

トレーニング初心者のうちはプロテイン摂取をすることよりも、運動する習慣をつけていくことが何よりも大切。運動習慣がついてきて、運動をがっつりと行うようになってから、プロテインを運動前に摂取するようにしていこう。ここで気をつけるべき事は、プロテインはカロリーが高いため、プロテインを過剰に摂取してしまうと自分が思っている以上にカロリーのとりすぎになって太ってしまうので、太りたくない人は適度なプロテインの量を摂取するようにしましょう。

プロテインを摂取することに執着するのもよくない。

プロテインを摂取することに執着すると、プロテインを摂取することに満足してしまい、普段の食事でしっかりと栄養を取ることが疎かになってしまいます。このような現実があるので、無理にプロテインを摂取するより、普段の食事をしっかりと食べるということを意識することが大事になってきます。

プロテインは基本的にタンパク質が多く含まれているサプリなので、プロテインだけを摂取しても体に筋肉が付きやすくなる炭水化物を摂取することができません。この事実をしっかりと頭のに叩き込み、プロテインで中々摂取しずらい炭水化物は、炭水化物が多く含まれているパン、麺、ライスを食べて体にとりこんでいくしかありません。

プロテインが家にないときは運動前前と運動後に食事をしよう。

プロテインが家にない場合は運動前と運動後に、タンパク質が豊富な卵や炭水化物が豊富なパンを食べよう。ここで発生する問題は、運動するたびに卵をたべていると卵の味に飽きてきてくるということ。この問題を解決するには、卵の代替として、牛肉、豚肉、鶏肉を食べていきましょう。いろいろなものを食べることで、運動前の食事を楽しめるようになり、メンタルもハッピーになるのです。

それでも、卵や肉は調理がいろいろと面倒くさくいので、調理が面倒くさいという人はプロテインを購入して、運動前にプロテインを摂取するようにしてください。自分もプロテインは高いから卵をプロテインの代用をしようとしていましたが、卵を調理するのが面倒くさくなって、プロテインを飲むように成りました。いやー、運動のたびに料理するのはめんどうくさいっしょ。

プロテインを摂取するタイミング。

プロテインを摂取するタイミングは運動前30分以内、運動後30分以内にプロテインを取るのがベストと言われています。

1.なぜ運動前にプロテインを摂取するのがベストなのか?については、運動前にプロテインを取ると、自分の筋肉持久力がアップし、いつもよりハードな運動を行うことができるというメリットがあるから。

2.なぜ運動後30分以内にプロテインを取るのがベストなのかについては、運動後にプロテインを取ると、運動で傷ついた筋肉とプロテインに含まれているタンパク質が結合しやすくなるから。

自分の場合は、運動前にプロテインを摂取すると運動中に気持ち悪くなってしまい、運動どころではなくなってしまうので、プロテインを飲むのは運動後にしています。それでも、運動のパフォーマンスをアップさせるために、運動前にはクレアチンを摂取するようにしていますが。

プロテイン摂取の心得。

1.筋肉をつけたいという思いを強くなれば、プロテインを飲む習慣が勝手につく。

筋肉をつけたいという思いが強ければ強いほど、一日に摂取するプロテイン量が増えていきます。ここでの注意点は人間の体で吸収できるタンパク質量は決まっており、タンパク質を大量に摂取しすぎるとせっかく摂取したタンパク質が脂肪にかわってしまうので、太りたくない人はプロテインを摂取しすぎないように気をつけていきましょう。


2.余計なことを考えずにプロテインを飲む。

プロテインはまずいから今日は飲みたくないという余計なことを一切考えずに、ジュースを飲む感覚でプロテインを飲もう。当然、ジュースを飲む感覚でプロテインを飲めるようになれば、タンパク質も炭水化物も体に補充できるので、自分の体に筋肉がつくスピードが早くなります。

3.強烈な目的意識を持とう。

筋肉がついていないガリガリな自分を変えたいと思えば、運動も毎日するようになり、プロテインを毎日飲むようになります。

スポンサーリンク



最後に

余計なことを考えずに運動前にプロテインを摂取しましょう。